幼穂の状態

7月の初旬には稲の根元に稲穂の赤ちゃんが出来て、どんどん茎の中で膨らんでいます。

ピンボケで分かりにくいと思いますが、物差しの数字7~8cm左の10mm位の白い柔らかそうなものがその幼穂です。6月下旬からこの時期直前まで田んぼの水を切って中干しします。無効な根別れを抑えて、今度は稲穂づくりに栄養が行くよう穂肥を行います。これからどんどん水と栄養を吸い上げて稲穂がもうじき茎から顔を出してきます。

特集
最新のお知らせ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square